ニホンミツバチ

ニホンミツバチ誘引作戦

ここ数年はニホンミツバチがうちの巣箱に住んでくれていません。野生種のニホンミツバチは飼うというより、住んでもらうという表現が近いと思います。この春の時期は新しい女王蜂が生まれ巣が分離する時期でこの時期にその分蜂群を巣に誘導することに成功すれば、無事ニホンミツバチを飼うことができます。

その誘引に役立つランがあります。その名もキンリョウヘン。これを使ってミツバチをおびき寄せます。キンリョウヘンに袋がかぶっているのは、実際にニホンミツバチが群がると花がだめになってしまうからそれの保護用です。

ニホンミツバチがキンリョウヘンに魅せられて、集まるとこんなようになります。これは過去の画像です。

注意:これは数年前の写真です

でも実際は親父曰く、飛来は確認できたけど定着する気配は無さそうだって言ってました。

猫はよってきても仕方がないです涙。

ここ数年間はミツバチはいない状態でしたが、今年はどうでしょうか。のぞみはあるものの、かなり期待はできない状況ではないかと思っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP