ニホンミツバチ

3年ぶりのニホンミツバチ

なんと!半ば諦めかけていたのですが、3年ぶりにニホンミツバチが我が家に戻ってきてくれました!

蔓延していたアカリンダニの影響で里山近くのニホンミツバチは全滅に近い状態にあると思っていましたが、生き残っていてくれたみたいです!実に3年ぶりのニホンミツバチの飼育になります。とても元気の良い群ですが、病気にかかると1週間くらいで全滅してしまうということにもなりますので楽観はできません。

有効な対策はメントールやギ酸を使うことはありますが、うちは多分やりません。かつてのセイヨウミツバチが寄生虫の対応を身に着けたように、ニホンミツバチも自ら守ることを学習してくれることを見守ることにします。ここで人間が手をいれると、セイヨウミツバチのように野生では生き残ることができない種になってしまう可能性もあります。ニホンミツバチは野生種だから価値があるのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP